読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バブルの残骸 ゲイバーブログ

アラフィフの頑張ってる感じの痛々しいゲイのゲイバー日記

積み木崩し

小川真由美高部知子の迫真のバトルで話題になった伝説のドラマ

『お金はあげられないのよ香ちゃん』の小川真由美の名台詞に逆上しな高部知子が小川の髪をつかんで引っ張り回す素敵なホームドラマ

毎日オナニーにふけっていた中2の多感な美少年の心に突き刺さった

ドラマを見た後  親から「いい加減 お風呂はいんなさい」

と言われ 「うるせ〜 ババア」とテレビの影響で

いきがるアラフィフ

親父から半殺しにされた

呻いてうずくまる愛する息子に

「来月から お小遣いは あげられないのよ ◯ちゃん」

「....ばっババア てめえ」

悲しき少年時代

 

先日 、所用で博多の街を訪れた

とある若者に人気のゲイバーに立ち寄ったとき

「 ◯さんですよね お久しぶりです

「えっ誰だっけ?」

「ほら ◯⚪︎ー◯でママやってた◯◯◯です」

「ああ ごめん 思い出した」

と久しぶりに 知り合いに遭遇した

「お店もう やってないんだ」

「普通に働いてます」

お水から足を洗って サラリーマンになっていた青年

そういえばこの子のやっていた店の周年の時大変だったなあ

グラスを傾ける アラフィフ

 

いまは閉店している◯⚪︎◯◯◯

その日は周年で 店内は満席状態 この店になぜか

タチの悪い 酔っ払いを 連れて行ってしまった

おろかなアラフィフ 周年は台無しだった

 

「ブルーボール」店は古く 天井は高いが あちこち 

ガタがきている博多の名店

ここのママとは ママがある店の店子をしていた時代から30年の付き合いである

陽気で しゃべり 客を楽しませる 芸者魂を感じさせる

ここに来る友人は 一筋縄ではいかない女たちばかり

飲みはじめは テンションひくく「自分はいいですから」みたいな感じなのに 酔っ払って

「センターはあたしよ」とAKB を歌い出す悲しい女

みんなで「スピード」を歌っても 「ヒロコ」はあたしと譲らない

しまいには 泣き出す 本人は次の日ケロっとしてる

怖い女

その他  昔の栄光が忘れられず いまでも 「ねえ ぼく可愛いでしょ」というめんどくさい女や

見た目被曝してる女

ここは 大阪のあいりん地区なの?ばりの場末感

そんな店のママに若いアラフィフは平手で打たれた

もちろん取っ組み合い

小さいが気の強い店子だった

「顔ぶたないで あたし 女優なのよ」という余裕もなかった若いアラフィフ

店をオープンさせ ママとなったヒデ子の店に 楽しく

通っていた

ある日 ママが 「◯ちゃん今日◯⚪︎◯◯◯ の周年よ

ちょっと顔だしましょ」と誘われ店へ

店にはいったアラフィフの目に飛び込んできたのは

ヒデ子と仲の悪い◯⚪︎◯のママ

「げっ」思わず声がでる

しかも出来上がっている 席にアラフィフを挟んで

犬と猿

「ちょっと 今日周年だから仲良くね」

と 牽制するアラフィフ

不意にたちあがった◯⚪︎◯がヒデ子の手にタバコの火で焼きを入れ 二人は取っ組み合いに

「お前ら たいがいにしときーね されん」

怒りで二人を罵倒しなんとか席に座らせるアラフィフ

すると 今度はヒデが焼きを

あっもう無理 「おまえら いい加減にせーよ 表出ろ」

外に連れ出した

人は 嫌いだと こんな狂犬のような目になるんだと

寒気がした

そんな 狂犬の店に朝方いくと 狂犬はカウンターの上で 仰向けでイビキかいてねてる

ブルーボールはそんな素敵なお店です

20代〜50代 男のできる確率が高いのは ママが すぐ

くっつけようとするから

(くせのある常連は ママが本能的に 紹介するのを

さけてます ご安心を)

注)6月にリニューアルし素敵になってるらしいです

ブルーボール  福岡県福岡市博多区住吉4-9-4  

f:id:ar50y:20160628143743p:image

f:id:ar50y:20160628143749p:image

 

 

 

 

 

銀座の女

「ラケットをもっと早く引いて」

パコーン パコーン

今から30年前の福岡市の舞鶴公園クレイコート

バイト先の先輩がテニスを始めたばかりで

「テニス教えて〜」と懇願され

(チッ一円にもならねーのに)と心で思いながら

「そうっ  上手い 上手上手〜」

と褒めて生徒を伸ばす 20歳のアラフィフ

この頃は 4人の愛人 福岡の中洲で水商売のバイ

そして バーH にたまの週末都合のつく時だけバイトに入っていた

Hに入るように なったキッカケは麻雀

無類のギャンブル好きだったアラフィフは 詐欺にあった後 トリプルアクセルを決め一発逆転

相変わらず大学には行かず その日稼いだ金 今まで貯めた金を毎晩数えながらにやにやするのが日課だった

バイト先まで6キロくらいあるのに バスにものらなかったくらいドケチ だったのに 麻雀と飲みはやめられなかった

それにHは 素敵なナイスミドル = (カモ)を紹介してくれる 銭大好きなママだからバイトは楽しかった

先輩はその店の店子だった

「カラオケはホントに伝票につけたの?わからないなら足しなさい」

「お通しキレイなのは捨てちゃダメ」

といまなら コンプライアンス的にダメなみせだったが時代がこの店を大繁盛店にしていた

でもアラフィフはしっていた 本当にすごいのは

この先輩 一見顔がデカイだけの 感じのよい短髪にーちゃん 客の話を親身に聞き その客の好きな歌を

リクエストする細かな対応 

客を玄関まで見送りに行く まさに 銀座の女

この銀座の女にくらべたら

スーパーキュートでアイドルのような可憐な当時のアラフィフは さしずめ 枕営業の サセ子であった

新しく京都の医者と付き合ったため3ヶ月ほど

関西お座敷周りに出かけ 帰ってきたアラフィフが

久しぶりににHに行ってみると 店は相変わらずの大混雑 ママ「あらあ チョットご無沙汰ね〜 ボトルは

ワインになってるわよ」

と大騒ぎのママ でも 店のほとんどが 先輩のお客様

ファンだった

「◯ーちゃん 顔少しはちいさくなった?」

と弄ると 「あんたの方がデカイわ」とムキになる

先輩 

就職のために福岡を離れ ゲイバーからも遠ざかっていたアラフィフが風のうわさで 先輩がお店をOPEN

したと聞いた

「さすが銀座の女 只者じゃない」

たくさんの人に愛されるデカイ顔の女は 博多の繁盛店のゲイバーで今日も あの黒革の手帳の女のように

微笑んでいる

「なーちゃん テニスしようよ」

「わかった コートとっとくね」

いまでは すっかり上手になったテニス

いまでは 足元にも及ばない

「ちょっとお 試合近いんだからちゃんと練習してきてね」

と嫌味をいわれる

夜 みのしまの「七男鳥」の扉を開けると客でごった返していた

ママ「あら シャンパンだして〜」

銀座の女にはかなわない

注)顔がデカイと思うのはアラフィフの主観です

 

 

 

やすえさん あなた女使わなかった?

Wの悲劇 三田佳子のセリフ

若い頃 舞台のチケットを買ってもらうために

女を武器にした 大女優

「やすえさん あなた女使わなかった?あたしは

使ったわ」

「チケットを買ってくれた人」

「美味しいものを食べさせてくれた人」

「そんな男たちがいるから今のあたしがあるの」

この瞬間 三田佳子の大ファンになった

アラフィフも 暗黒の時代 詐欺にあって自殺を考えてしまった

今から30年近く前

途方にくれていたその時に ゲイ友達のYから電話

「今日出張でそっち行くからとめて」

Yの声を聞いて 堰を切ったように嗚咽をあげてなく

ハタチのアラフィフ

Yはうちに来て 話もそこそこに 5万円を差し出した

「返すのいつでもいいけん」

当時 Yは あるデパートで調理鍋とかを販売する会社に勤務していたが 薄給だったと思う

「そんなの借りられない」

ハッキリいって返すあてがなかったが 田舎から送ってきた米以外なにも食うものがなかったような有様だった

「いいけん そがんいわんでとりなっせ」

人のあたたかさに触れ 涙が止まらなかった

Yは田舎からでてきた 可愛い当時のアイドル

髪型を 地元の理髪店で切ってもらってるような

素朴な青年だった

一緒にゲイバーで 工藤静香の「FUJITSU」や「無言色っぽい」をよく歌っていた青春時代の思い出である

その5万円をもとにアラフィフは 必死に働いた

夜はウリセンで働こうと決心し 説明を聞きにいったが店の取り分の多さに 「ちっ」と思い ウリセン

おもいとどまった

人間生きていれば なんとかなるものである

たくさんの男たちが 巨額の援助をしてくれて

借金はあっと言うまになくなった

マンション 車 なども手に入れたが自分の金は一円も使わなかった

車は 維持費 ガソリン代がかかるため 男に内緒で即売って貯金した

マンションは いまだにひとに貸している

私を通り抜けていった男たちのおかげである

でもやっぱり Yのおかげである

足をむけて眠れない

大事な友達である

あれから30年

久しぶりにに博多に飲みにでてみた

みのしま商店街の一画ににあるとあるゲイバーに

Yと飲むために行ってみた

「よお ママ久しぶりに また稼ぎやがって」

「あら ねーさん 相変わらず綺麗ね」

「クビないやん 病気?」

「ちょっと シャンパンいただくわ」

Yは大作という名で ダイダイグループのオーナーになっている

そんな商才があるようにみえなかったが 

俺なんか足元にも及ばない

あの時の優しい気持ちがベースにあるから

いま たくさんのスタッフがついてくる博多の女帝に

なれたのであろう

ちょっと前は よくマージャンをしていた

牌をきるのが アフリカ像なみにおそいので

「あんた 早く切んなさいよ ブスのくせに」

「ちょっと待って」

「ブス 顔に綿つめてんの?はよ切らんかい」

「ちょっと待って」

と命の恩人に悪態を付くアラフィフ

勝ったことが一度もありません

福岡のお店は 7月にご紹介します お楽しみに

ひねくれてる?

最近のゲイバーは どこもかしこも 「バースデー」

あげくの果てには

「聖誕祭」

ま キャバならわかるんだけど 

店の集客のツールとして すっかり当たり前になっている

しかも SNS に 

「パリに行ってきました」「パリは夜10時なのに

こんなに明るい」

など だからなに?とつっこみたくなる内容満載で

なんとなく 店に行きたくなくなってしまうアラフィフ

今日はバースデーパーティーなんで 3000円飲み放です

と入り口で言われても お祝いのドンペリのんだら

普通にお会計

しかも 混んでるところが苦手なので 10分くらいしかいれない(自分が〕

これならも周年は避けさせていただくつもりです

でも 本当は 体力がついていかないだけなんです

ひねくれてる?

 

顔にかけないで 私女優なんだから

薬師丸ひろ子 の主演映画 「Wの悲劇」

昔のゲイなら この映画に夢中になることは間違い

ないはず

映画をみながら 三田佳子の迫真の演技に酔いしれた

ネタとして

今の若いゲイには おそらく理解できないだろう

 若者の出会いスポットでもある

「でいと」に飲みにいった

可愛い店子 スタッフ

こじんまりとした店内では 近い距離感で会話を楽しむことができる

目の保養になる若い子から キャピキャピのブスまで

グローバルな展開が期待できる

この日は前日にナンパした 25歳の若い子( 半分やん)と飲みに行った

若いめっちゃタイプと飲んでることに加え つい飲み過ぎた(いつもやん)のではあるが

店のお客さんはかっこ可愛い若い子や 40前後のアニキ風なリーマンなど場末と思ってた店内が華やかだった その日は前日朝9時まで飲んでいたにもかかわらず また朝6時まで飲んでしまった

3時間ほど眠って その日のスケジュールをこなし

夜10時 なんとなく寝酒がわりに軽い気持ちでまたでいとへ

前日のあのキラキラはどうしたのってくらい

場末な客層 しかも なんかフレンドリーにはなしかけてくるアラフォーたち

「お兄ちゃん飲もうよ いくつなの?」

(幾つなんですか?だろうがこのスカタン

「同じくらいかちょいしたぐらいだよね」

(な訳ねーだろうが 嫌がらせか この大部屋が)

俺「多分 10位上ですよ 50だし」

「ええっばけものぉ 怖ーい」

プッチン💢

( なに言うとんじゃこの◯◯が ◯◯◯見ろ◯◯◯が◯◯◯◯◯ぼけぇ)

その日は寝酒にと でいとを選んだ俺がばかだった

キレたとたん シャンパンを10本近く空け 酒灼けのガラガラ声で昭和な歌を熱唱

その後 朝まで飲んだとさ

そんな酔っ払いの俺でも ハッキリ言わしてもらう

「ひろし  ちったあ 痩せろ 今場所もどーすんじゃい」

この店では 蒸留酒しか飲まない 絶対

この日は特殊だったが 出会いがあるゲイバーです

デブ専のかたにはママがオススメです

でいと 新宿2ー14ー13 筒井ビル3F

f:id:ar50y:20160625202657p:image

 

私 男ができないんじゃない したいんです

来年50の俺(まだ言ってる)

恥ずかしげもなく 若い子の店で羽目をはずす悲しい生き物

店子や若いお客も 一緒に楽しんでくれるので現実が見えていない

中谷美紀主演の 私結婚〜 を見て 胸が痛くなるシーン

が連発

ちょい年下の 高級志向のゲイ友とひさしぶりに

電話で話した

「あんた 相変わらず男いないの?」(グサっ)

「カッコいいのになんで〜とか言われて真に受けてんでしょ』(グサっ)

「教えてあげる あんたはもう汚い親父なの

まあ 切ったり つったりで顔はマイナス5歳をキープしててもババアであることにはかわりないの」

「若い子と同じ土俵 目線で話すのやめなさいよ

みっともない」

俺「・・・・」

「してない・・・・ 整形なんてしてないもん」

「けっ すごいのね 呆れちゃうわ ズッキューン」

てはいわれなかったけど 今の痛痛しさは10年くらいまえから だだ漏れだったらしい

そんな親父であることを忘れさせてくれるお店

キラキラキラーン

2丁目のイケメンママ りょうちゃんがオーナーの

繁盛店

いまはヨータローママが切り盛りしている

客層は若い うるさい カラオケガンガンにでイケてる店子と若者が楽しんでいる

冷静に考えると 30近く年上なわたし

そんな子たちに

「え〜なんで彼氏いないのかっこいいのに」

(中年つかまえろボケ)

といわれて 有頂天になってた恥ずかしいアラフィフ

気づかしてくれた 長年の友に

「ありがとう あんたにも早く男できるといいわね

あんたすぐ 別れるから・・

なんでかわかる?あんた イケメン好きよね

あんた鏡みなさいよ そりゃあ いるわよ 汚れ好きの

イケメンや穴に拳の入るイケメンも

でもね  そんなの数パーセントなの 

馬は馬と 豚は豚とよ わかったおばちゃん」ガッチャン

キラキラキラーンは楽しい夢のようなお店

20代にオススメです イケてる店子も多数在籍

豚は豚をさがします

冗談です 整形してません

キラキラキラーン

f:id:ar50y:20160625042457p:image

 

 

 

飲み友のエリート

数少ない飲み友の一人にKがいる

いつも登場する泥水のまないヤツではない

ガタイがよく 端正な顔立ちで 大人のエロを感じさせるエリート

「だめです 課長 あっ ああ 」

にでてくるような男

若い子からの人気も絶大で 

「この間のイケメンさん 今日はこないんですか?」

とたん機嫌がわるくなるアラフィフ

「ちょっとぁ どうなってるの?ここの店子?』

「あたしの酒が飲めないって言うのかい このスカタン シャンパン持ってこい えっもうない

バカやろーかまちょ か キング から借りてこい」

大荒れのアラフィフ

フィクションです

そんなモテモテのイケメンKを行きつけの 老け専王国 きのはな  に連れてった

ひょっとして 2丁目で一番はやってるんじゃないの

と思われる満席状態

時間はまだ8時

Kのことを 舐めるように観察する 桶のみなさん

若い店子も興奮気味

ママのトキオさんはにこやかでとてもフレンドリー

この笑顔が客の心をつかんで離さない

カラオケの音響もよく 気持ちよく着物で歌うおじさま

満席なのに次々と客が入ってくる

若いイケメンをつれているジジイを横目に 

敗北感で押しつぶされそうなアラフィフ

きけばこの店で出逢ったそうだ

なんて使える店 使えるママ 使える店子

充実したかまライフを明るく照らす素敵なお店でした

Kは大人しくのんでました

ザマーミロ

きのはな  新宿2ー11ー7 宮廷ビル2F 

 f:id:ar50y:20160625010650p:image